ユカリのあ〜せやせや。

急に思い出して、「あ〜せやせや」と
思たことを書きますから、
読めよ。
<< 11月6日〜 | main | あれから1週間 >>
『次の火曜日』無事終了!
無事に火曜日がやってきた。
いつもいつも、ありがとう。
皆さんに心からありがとう。

ズクナシや伸ちゃん。
ほんまにありがとう。

来て下さったみなさん。
ほんまにありがとうね。

土曜〜月曜は仕事モードに。
LIVEモードも相まっていた。

インナー(内々)で私の事ね、
知らない人前でも歌ったりね、
トークショーみたいなんもね、
ありがたい事です。
『仕事』ゆうたら、なんかね、
こなしてるみたいかもやけど、
全然っすよ。必死やもん。
少しのヒントで衣装も曲順も、
瞬時に喋ったり、ちょけたり。

しっかり歌たら生きていける。

事務所スタッフもみんなみんな
超幸せに、ならなアカンのです。

その為に色々準備と練習します。
しっかりと歌えたらね、
ほんまに嬉しい。ありがとう。

土曜日はカラオケで30分歌唱。
一時間のトークショーもしてね。

日曜日もカラオケで20分歌唱。
木村充揮さんや近藤房之助さん。
「天王寺」ご一緒しました。泣。

楽屋は賑やか。
増田俊郎さん(マッスン)
近藤房之助さん(房さん)
木村充揮さん(王子様よ)
杉山清貴さん(オスギ)と私。
ステージよりやかましい、笑。

昭和41年生まれの皆さんの
お子達のためのイベントでね
私はもう3回目の出演で嬉しい。

打ち上げでは呼んで頂いてるのに
『自分ら私の妹とおないやかんな』
〜皆様、私の妹と同じ御歳ですね〜

桑名晴子さんや天野SHO兄さんも

最後の最後には
房さんのマネージャーと戯れる
そんな王子様と、隣のまっすん

翌日は南森町でね
元岡衛くんと本夛マキちゃんに
この組み合わせは楽しみやった
でもスケジュール調整間に合わず
もっと早くに段取りできてたらな

こうして欲しい、ああして欲しい
リクエスト早ければ準備できたが
こればっかりは、なかなかなあ〜
衛くんとのレパートリーは無問題
これをマキちゃんとどう併すかよ

それでも『プロ』な衛くん流石。
全てを注いでくれたマキちゃん。
こういうのはレアなLIVEやしね。
こういう身の丈を超えるかも?な
「仕事」は、必死でやらなアカン。

ここで書くのも何なんやけど
火曜日から火曜日へ
「喉」も「心」も「体力」も
バランスが取れたのには愛よ。愛。

どちらさんも「愛」をありがとう。

20171112_171253.jpeg20171112_215221.jpeg20171113_014735.jpeg

| - | 21:54 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
ニガイナミダが100リットル
ニガイナミダが100リットル (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
宇崎竜童の曲にaCKy(O.L.H.)が魂を注いだタイトル曲以下4曲がドス黒く光る。特にM1,M2は素晴らしい出来栄え。

この秘宝コンビによる曲力は大西ユカリでしか歌えない。それほどの クオリティー。最早アッキー・ヨーコと化したaCKyの詞は本家阿木燿子に 迫る勢い。昭和の藤本歌謡のような暑苦しい湯浅学の「快耐」・・・重い。 前作『韓流婦人拳!』でグルーヴ溢れるホーン・アレンシで話題となった 小林ホーン隊も清流の如く気持ちよくしなやかに熱くバック・アップ。

アベノミクスに支えられんとする「 失恋スナック三年生 」。
前作に続き全曲韓国録音/MIX。
RECOMMEND
直撃!韓流婦人拳
直撃!韓流婦人拳 (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
「やたら綺麗な満月」以来約2年ぶりとなるニュー・アルバムは、なんと日韓バトル・アルバム!!!

当然日本盤では全て日本語、新曲「韓流婦人」はハングルとは違ったスットコドッコイな小気味よさ、なんと言っても韓国ファンク・ロック・バンドを従えての大韓ロックのヤサグレ加減がピッタシはまる!「コジンマリヤ」(嘘をつく貴方)、「パムヂャ」(夜汽車)ファンク・ロック・ソウルファン必聴です。
またビートたけしからのリクエスト「恋の十字路」、ライブで大人気の「叱らないで」そして宇崎竜童(ダウンタウンブギウギバンド)の「身も心も」と王道歌謡で唸る。済州島から愛人の嘆き「済州エアポート」が貴殿を身につます、、、嗚呼チェジュのアガシよ、また行くからな。
RECOMMEND
直撃!韓流婦人拳 [韓国盤]
直撃!韓流婦人拳 [韓国盤] (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
大西ユカリ韓流の血が騒ぐ!
K-POPがなんぼのもんじゃい!?しかし好きよソン・イルグク、、、、
と、ゆーわけで遂に大西ユカリが韓国で正式デヴュー!

早くも韓国では話題騒然寸前!?韓流ブームを支えているイルボン(日本)の主婦の日常を歌った宇崎竜童(作曲)による必殺の「韓流婦人」、そして韓国ロックの父、シン・ジュンヒュン先生の名曲を息子達と、また韓国きってのファンクロック・バンドのミミ・シスターズとの極東ファンク、更に日本の歌謡曲の王道=「幻のブルース」(藤本卓也)、「恋の十字路」(欧陽菲菲)、「叱らないで」(青山ミチ)のハングル・ヴァージョン、更に更にクレイジーケンバンドの「けむり」、「黒いオートバイ」も遂にこの際玄界灘を飛び越えて!
RECOMMEND
やたら綺麗な満月
やたら綺麗な満月 (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
ソロアルバム第二弾!
宇崎竜童全面プロデュースの下、平成の一大リズム歌謡が完成!!
大西ユカリが憧れの宇崎竜童×阿木燿子コンビと合体、そしてベールを脱ぐ。
バックは日本屈指の、アロージャズオーケストラが全面バックアップ!
豪華絢爛なアルバムが完成です!
RECOMMEND
HOU ON
HOU ON (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
人間力のひと 大西ユカリ原点回帰を通り越した先祖がえりの報恩アルバム!
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE