ユカリのあ〜せやせや。

急に思い出して、「あ〜せやせや」と
思たことを書きますから、
読めよ。
続・新録音日記(3−3)
この感じで録るんやったら
このメンツで名指しで依頼
スケジュール有りきやった
それでも頼んだ事以上の事

若さ溢れるホーンの皆さん
伸ちゃんのコーディネート
まっすぐで気持が良過ぎる

私は
「Take me to the river」
みたいやな!伸ちゃん!

20171201_212422.jpeg20171207_204910.jpeg

なんと嬉しい音源か

とにかく一生懸命に唄おう、と
心に決めてるんで後は唄うだけ
他にも小さなハプニングが結集

明日もスタジオ入って頑張ろう

| - | 19:41 | - | - | pookmark |
新・録音日記(3−2)
あんな夜や、こんな夜
下北沢の夜は深過ぎた
こういう時にアイデアは出る
By ディレクター

「あ、ほなアレお願いします」
『エエっすよ』
「ヘ?エエのん?」

だいぶと酔うてんねんけど
自分は気張ったまんまの夜

今回はいつものように
「早よ聞いて」とは想えず
悩みの中で時間が経ってく
20171202_013524.jpeg

これ、いつの晩や?
| - | 19:29 | - | - | pookmark |
続・録音日記(3−1)
11月30日〜始まった録音は
こないだも日記しといたように
ブワ〜〜ってグワ〜〜って凄い

エンジニアの川口さん初タッグ
その時々によって変わる現場で
幾度となく録音してきたけれど
今回は落ち着かず、パニったり
「コレだけは!」と主張したり
ビビったりしながらの日々なの

改めて携帯で撮った写真見てて
ラフ音源を聞き乍らグッときた
20171201_153115.jpeg20171201_180844.jpeg

今回のプロデューサー三宅伸治氏
エンジニアの川口さんとのタッグ
これ前回のプロデューサーによる
粋なディレクションによるものだ

ドラムはケニー・モズレーさん
自分のドラミングにパシーッと
タンバリン一発OK(全部一発)

好きな歌と
唄える歌って、違うなあ

痛感しながら練習に練習重ねる
日記し乍らチョット休憩やねん
| - | 19:19 | - | - | pookmark |
レコーディング
20171201_212422.jpg
いよいよ始まった。
今回はリズム隊は一貫。
ほぼOne take。
譜面の準備ほぼ無くて、
アカデミック感もゼロ。
ライブ感が満載なのだ。
二日間で13曲を録音。
仮唄で別ブースとはいえ
活かせる唄は採用の方針
脅威のスピードやったが
予備日が2日もあるので
全部が前倒し感が麗しい
夏始動のプロジェクトは
年始にはカタチになるの
| - | 14:20 | - | - | pookmark |
それぞれのLIVE後
今週はLIVEを楽しんだ
オマセな女学生の時分から
(女学生て、笑)
ヨコハマはずっとずっと好きな街
何度となく通った街も随分変わり
通った街もその時代によって違う

22日は、「F.A.D」で『SKA-9』
揺れに行くと各位に良くして頂く
ホンマにありがとう
CHIBOWさん達は超カッコ良くて
あんな風に好きな音楽性を好きに
見にきてる人たちもかっこ良くて
踊ってたら、ホンマ嬉しくなった

『タイガー&ドラゴン』SKA!!

CHIBOWさんがステージから
「一緒にやろうぜ」って
垣根のないCHIBOWさんって凄い

CHIBOWさんって声の低いところ
倍音が凄いのを感動して話し込み
音楽の話もいっぱいして楽しい夜
ブギーカフェも、FRED PERRYも
音が鳴りまくってカッコいいのだ
Amy-FDを、着て行ったのだけど
LIVEに自分のオシャレで行くのは
ほんまに楽しい事です
服屋で働いてる頃も靴がイヤだと
引き返して履き替えたりした時代
そんな時代からの本牧
30年以上ぶり位?楽しかったな

23日はそのまま横浜で過ごして
24日の朝から移動で神戸に行く
「はせがわかおり」LIVEゲスト
外は寒かったけどLIVEは熱いし
かおりちゃん、ほんま頑張った
木村充揮氏、ウルフルけいすけ氏
そして私に囲まれたかおりちゃん
彼女の「まっすぐ」が私は好きだ
彼女との出会いも、忘れられない
でもずっとずっと彼女はまっすぐ
励みになるくらいまっすぐなのだ
今は同じ事務所に所属しつつ
偶数月の第二木曜はかしましい
「ロックかしまし三人娘」も一緒
彼女の安定したストロークで歌唱
何も迷わず歌えるのは人柄やなあ

記念の写真もエエ感じ

received_1561960480549838.jpeg


イメージ 2.jpeg
| - | 13:52 | - | - | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
ニガイナミダが100リットル
ニガイナミダが100リットル (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
宇崎竜童の曲にaCKy(O.L.H.)が魂を注いだタイトル曲以下4曲がドス黒く光る。特にM1,M2は素晴らしい出来栄え。

この秘宝コンビによる曲力は大西ユカリでしか歌えない。それほどの クオリティー。最早アッキー・ヨーコと化したaCKyの詞は本家阿木燿子に 迫る勢い。昭和の藤本歌謡のような暑苦しい湯浅学の「快耐」・・・重い。 前作『韓流婦人拳!』でグルーヴ溢れるホーン・アレンシで話題となった 小林ホーン隊も清流の如く気持ちよくしなやかに熱くバック・アップ。

アベノミクスに支えられんとする「 失恋スナック三年生 」。
前作に続き全曲韓国録音/MIX。
RECOMMEND
直撃!韓流婦人拳
直撃!韓流婦人拳 (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
「やたら綺麗な満月」以来約2年ぶりとなるニュー・アルバムは、なんと日韓バトル・アルバム!!!

当然日本盤では全て日本語、新曲「韓流婦人」はハングルとは違ったスットコドッコイな小気味よさ、なんと言っても韓国ファンク・ロック・バンドを従えての大韓ロックのヤサグレ加減がピッタシはまる!「コジンマリヤ」(嘘をつく貴方)、「パムヂャ」(夜汽車)ファンク・ロック・ソウルファン必聴です。
またビートたけしからのリクエスト「恋の十字路」、ライブで大人気の「叱らないで」そして宇崎竜童(ダウンタウンブギウギバンド)の「身も心も」と王道歌謡で唸る。済州島から愛人の嘆き「済州エアポート」が貴殿を身につます、、、嗚呼チェジュのアガシよ、また行くからな。
RECOMMEND
直撃!韓流婦人拳 [韓国盤]
直撃!韓流婦人拳 [韓国盤] (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
大西ユカリ韓流の血が騒ぐ!
K-POPがなんぼのもんじゃい!?しかし好きよソン・イルグク、、、、
と、ゆーわけで遂に大西ユカリが韓国で正式デヴュー!

早くも韓国では話題騒然寸前!?韓流ブームを支えているイルボン(日本)の主婦の日常を歌った宇崎竜童(作曲)による必殺の「韓流婦人」、そして韓国ロックの父、シン・ジュンヒュン先生の名曲を息子達と、また韓国きってのファンクロック・バンドのミミ・シスターズとの極東ファンク、更に日本の歌謡曲の王道=「幻のブルース」(藤本卓也)、「恋の十字路」(欧陽菲菲)、「叱らないで」(青山ミチ)のハングル・ヴァージョン、更に更にクレイジーケンバンドの「けむり」、「黒いオートバイ」も遂にこの際玄界灘を飛び越えて!
RECOMMEND
やたら綺麗な満月
やたら綺麗な満月 (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
ソロアルバム第二弾!
宇崎竜童全面プロデュースの下、平成の一大リズム歌謡が完成!!
大西ユカリが憧れの宇崎竜童×阿木燿子コンビと合体、そしてベールを脱ぐ。
バックは日本屈指の、アロージャズオーケストラが全面バックアップ!
豪華絢爛なアルバムが完成です!
RECOMMEND
HOU ON
HOU ON (JUGEMレビュー »)
大西ユカリ
人間力のひと 大西ユカリ原点回帰を通り越した先祖がえりの報恩アルバム!
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE